本文へスキップ

福井県鯖江市の清水耳鼻咽喉科医院です。

電話でのお問い合わせは?0778-52-8700

〒916-0026 福井県鯖江市本町4丁目1-28

一口メモ memo

■一口メモ

今年の花粉飛散状況をお知らせします

平成30年度は、3月3日頃から飛散が始まり4月26日頃に終了し、総飛散量は3500個前後と、昨年より多くの花粉が飛散しておりました。特に、大雪の影響のためか、急に暖かくなった3月上旬から4月上旬まで大量飛散が続き、花粉症の方々は大変苦労されたようです。花粉症は、国民病の一つとして注目されていますが、最近では、スギ花粉を減らそうと無花粉スギの開発もすすんでおります。
 又、夏から秋にかけて、ブタクサやヨモギ、カモガヤ等の花粉の飛散シーズンを迎えますので、早めの対応を心掛けましょう。
 
 ある日突然、耳が聞こえなくなる病気  ― 突発性難聴について ― 

 突発性難聴は、何の前触れもなく耳鳴り、難聴や耳の詰まった感じ等の症状を来す疾患で、年間人口10万人あたり約60名の確率で発症すると言われています。又、病因は解明されたわけではありませんが、睡眠不足やストレスによる血液循環障害やウイルス感染等による内耳障害と考えられています。一般的に発症後1週間以内に、遅くとも10日以内に治療開始すれば予後良好(早期ほど良好)といわれておりますので、なるべく早く耳鼻咽喉科を受診し適切な治療を受けましょう。
 当院では、聴力検査等を行い懇切丁寧な治療を心掛けておりますのでご相談ください。
 

今年の花粉飛散状況をお知らせします

平成29年度は、2月23日から飛散が始まり4月20日頃に終了しました。又、総飛散量は、昨年並みの2,000個前後でしたが、ポカポカ陽気で風の強い日が続いた3月25日から4月5日の間に集中して飛散しておりました。今後は、黄砂やPM2,5等の大気汚染に注意してください。
来年度は、1月1日からの最高気温の積算温度が400度に達する前後から、マスクや眼鏡等を装着して花粉症対策を行い、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けましょう。

       
スギ花粉症の季節がやってきました

スギ花粉が目や鼻から体に入ると、肥満細胞からヒスタミンやロイコトルエン等の化学遊離物質が放出され、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みなどのアレルギー症状がみられます。花粉から身を守るためには、天気の良い日や乾燥した風の強い日の外出は控え、帰宅時には、玄関の外で花粉を落とし、手洗い,うがいや洗顔をすることが大切です。
 又、本格的シーズンに入っても比較的症状が軽くすむように、花粉飛散開始直前に医療機関を受診して投薬等の指導を受けましょう。当院では、皆様のライフサイクルに沿った治療を心掛けておりますのでご相談ください。
 












Shimizu Clinic鯖江清水耳鼻咽喉科医院

〒916-0026
福井県鯖江市本町4丁目1-28
TEL 0778-52-8700
FAX 0778-52-2901